You are ENOUGH.

ログイン

カート

Journal

WIGスタイル通信

ウィッグをメガネのような気軽さで。

 # # # # #

こんにちは。ユア・イナフのTOMOです。私は30代後半、特に髪の毛に悩みがある、とは思ってはいませんが、
ちらほら白髪が目立ってきて、3ヵ月に1回ほど、美容室で白髪染めをしてもらっています。

白髪は目立つところに生えると、一気に老け顔に見えて、嫌ですよね。
ただ、これまでウィッグには出会う機会がなかったのです。

そんな、ウィッグ初心者の私が初めてウィッグを着けたときの、率直な感想です。

・簡単

・驚き

・楽しい

・別の自分にイメージチェンジ

・発見

髪を染めることは、少し面倒くさいです。セルフでされている方も多いと思いますが、美容室で染めてもらうにしろ、自分で染めるにしろ、時間やコストがかかります。ちょっと目立ってきたくらいで染めなおすのは、時間もお金もったいないし、髪が傷んでしまう。けれども老け顔の自分を見たくない、というジレンマ。そんな中途半端な白髪の対策に、ウィッグは超簡単!

ポイントウィッグだったら、ほとんど今の自分の印象を変えることなく、気になるところに着けるだけで、一瞬で解決。

次に着けてみたウィッグはフルウィッグ。長い髪を適当に束ねて、ウィッグネットの中に押し込んで、ブロンドのショートタイプのウィッグを着けてみました。

ビックリ。

まったく別の自分へのイメージチェンジに、ものの3分ほどで成功です。案外ショートヘアが似合うんだな、と、新しい自分を発見しました。

地毛をブロンドにする勇気はそもそもないし、もし仮にするとしたら、ブリーチして髪が傷んでしまうでしょう。ウィッグであれば、簡単に長さを変えることができ、カラーも変えることができます。

格好いい髪型になると、洋服を変えたくなりました。アクセサリーもいつもは選ばないようなデザインのものが欲しくなりました。このまま表参道あたりをブラブラ散歩してみるのもいいかな、と気分が高揚して、ワクワク楽しくなります。

ウィッグを着けたこの感覚は、例えばメガネを新調したときに似ているかもしれないと思いました。メガネは、そもそも自分の視力を補うための物であると思います。またサングラスやブルーライトカットなど、目を守るための物でもありますよね。しかしながら、ただそれだけのためにメガネを選んでいる人はどれくらいいるでしょうか。メガネをかけることで、イメージチェンジしたい、おしゃれしたい、あるいは視力は矯正しつつ、今の自分の印象をそのままに、自然に、おしゃれに。そのようにメガネを選んでいる人ばかりではないでしょうか。現に、度無しメガネや、レンズ無しのフレームのみを掛けておしゃれを楽しむ人がいるくらいですから。

髪の毛の自分の補いたい部分を補いつつ、あるいは今の髪を守りつつ、プラスアルファ、おしゃれ、イメージチェンジを図るものがウィッグ。私はウィッグが、今後メガネと同じように、一般的なものになっていく気がします・・・!おしゃれを楽しむアイテムが増えるって、嬉しいですよね!

進化した三面鏡のすすめ
TV取材を受けました

Journal TOPへ

  1. HOME
  2. Journal
  3. WIGスタイル通信
  4. ウィッグをメガネのような気軽さで。

TOP